コンテンツへスキップ

インカジという名前を聞いたことのある方も多いかと思いますが、これは海外拠点のオンラインカジノとは全く異なる違法店舗です。
東京や大阪、名古屋、福岡などの繁華街を中心としてインカジの摘発が相次いでいますが、結局は警察とのイタチごっこ状態にあります。

カジノゲームの需要がある限り、今後もインカジが姿を消すことはほぼ無く、訪れる客からお金を奪い取っていくことでしょう。

最初に言っておきますが、インカジは100%違法であり、絶対に利用してはいけません。

そこで今回の記事では、違法で営業する「インカジ」の恐ろしさとオンラインカジノとの違いについて詳しく書いていきます。
違法のインカジではなく、オンラインカジノでギャンブルを楽しみましょう。

日本全国にあるインカジ

日本全国にあるインカジ
インカジとは「インターネットカジノ」の略称であり、いわゆる闇カジノや地下カジノの一種で、違法にカジノゲームを提供する店のことです。

一般的な闇カジノとの大きな違いは、テーブルゲームやスロットなどの実機が置いておらず、全てパソコンで遊ぶ仕様になっていることです。
店内には複数のパソコンが置かれており、その中にはコンピューターと対戦するバカラやブラックジャック、ルーレット、そしてビデオスロットでも遊べます。

スタッフにお金を渡すとアカウントに反映され、勝利金を出金する場合もスタッフに声を掛けることでその場で精算され、お金を手渡してもらいます。

このような違法インカジは日本全国に存在し、都市部だけに限らず、地方のちょっとした繁華街にも無数にあります。
店の外見はいかにも合法のように堂々としているインカジも多いですが、インカジは100%違法ですので絶対に騙されてはいけません。

当たり前のようにイカサマをしている

当たり前のようにイカサマをしている
インカジで遊べるゲームは、組織によって独自で制作されたもので、当たり前のようにイカサマ機能が搭載されています。

遠隔でゲーム結果を操作したり、コンピューターによって必ず客が負けるように設定可能なゲームもあります。
そのようなイカサマをするインカジのことを「ポンコツ店」と呼ばれていますが、全国のインカジにおける8割以上がポンコツ店です。

残る2割は完全確率で営業していますが、やっていることは違法であることに変わりありません。

「ポンコツ店で無ければ問題ない」と考えるのは危険です。
違法である以上、絶対にインカジを利用してはいけないのです。

オンラインカジノは違法ではなくグレーゾーン

インカジは賭博できる環境を日本国内で提供しているため、言い逃れの出来ない違法行為ですが、オンラインカジノに違法性はありません。

オンラインカジノは海外を拠点にする企業が運営しており、サーバーも海外のものを使用しています。
胴元が海外にいる以上、日本の賭博法は適用されないため、オンラインカジノで遊ぶユーザーも違法にはなりません。

しかし、公営ギャンブルのように法律によってルール化し、ギャンブルとして楽しんでも良いと認めているわけではありません。

逆に「オンラインカジノを禁止する」という法律も存在しません。
つまり合法でも違法でもないため、オンラインカジノはグレーゾーンとなります。

もちろんグレーゾーンは違法では無いため、国内でオンラインカジノをプレイしても逮捕や摘発の心配はありません。

違法オンラインカジノに注意

違法オンラインカジノに注意
国内で遊んで違法では無いのは、合法のオンラインカジノのみです。
オンラインカジノというのは運営に許可が必要で、合法国からライセンスを発行してもらうことで運営が可能になります。

つまり、ライセンスを持たないオンラインカジノは全て違法なのです。
違法オンラインカジノでは、インカジと同じようにイカサマが横行しており、世界中のユーザーからお金を巻き上げています。

さらに、クレジットカード情報や大切な個人情報が盗まれることだって普通に起こりえます。
入金してもアカウントに反映されなかったり、出金申請しても拒否されるなど、オンラインカジノとしてありえない詐欺行為も行われています。

違法オンラインカジノに騙されてしまわないためにも、オンラインカジノへ登録する前には、必ずライセンスを持っているかどうかをチェックしましょう。

まとめ

今回は、違法で営業する「インカジ」の恐ろしさとオンラインカジノとの違いについて詳しくご紹介いたしました。

インカジは100%違法の店舗であり、例外で合法的に営業しているインカジは絶対に存在しません。
そんなインカジの多くが堂々とイカサマをする「ポンコツ店」であり、どれだけお金を使ったところで稼ぐことは不可能です。

ただただ、反社会的勢力の資金として流れていくだけなのです。
同じカジノゲームでもオンラインカジノはグレーゾーンであるため、日本国内で遊んでも違法性に問われることはありません。

確かにインカジでしたらアカウント登録や本人確認書類、住所確認書類などの提出は必要無く、気軽にカジノゲームを楽しめます。

しかし、インカジで遊ぶ客も単純賭博罪や常習賭博罪などが適用されます。
人生を棒に振ってしまわないためにも、インカジには足を踏み入れず、オンラインカジノで遊ぶようにしましょう。

ビットカジノは、ビットコインなどの仮想通貨でのプレイに特化しているオンラインカジノです。
ビットカジノに登録しようか悩んでいる人も実際の評判が気になると思います。
ビットカジノの悪い評判はあるのか、良い評判はどういったものか、またビットカジノ利用時の注意点も解説していきます。

ビットカジノの特徴・魅力

ビットカジノはビットコインをはじめとする様々な仮想通貨をゲームでそのままベットできるという特徴があります。
仮想通貨対応ゲームは業界トップで、ほとんどのゲームを仮想通貨でプレイすることができます。
ゲームプロバイダー数はスロットが30社、ライブゲームが6社と充実しています。
ビットカジノの特徴・魅力

ビットカジノの良い評判

実際のプレイヤーからの良い評判を見ていきましょう。

身分証明書が必要ない
ビットカジノで多く聞かれる良い評判は、入出金時に身分証明書の提出や個人情報の入力が必要ない点があげられます。
個人情報の入力についてはセキュリティ面で心配だから抵抗があるという方も居るかと思います。
また、身分証の提出が面倒、承認までに時間が掛かるといった煩わしさが無いのもビットカジノの大きなメリットです。

日本円で入金できる
ビットカジノでは日本円で入金し、日本円をそのままゲームでベットすることができます。
国内銀行振込での入出金にも対応しているので、仮想通貨を持っていなくても国内銀行口座を持っていれば入金から出金まで行えます。

仮想通貨での出金スピードが早い
ビットカジノでは出金申請をしてから着金までのスピードが早いことも評判です。
一般的な仮想通貨を取り扱っているオンラインカジノでは早くても1~3時間程度、遅いと24時間程度掛かるところもあります。
ビットカジノは着金まで約10分とどこよりも早く出金することが可能です。

アカウント登録がかんたん
通常のオンラインカジノでは、アカウント登録時に住所・氏名・性別・メールアドレスといった個人情報の入力が必要です。
サイトによっては住所をローマ字で入力しなければならず、10分ほど時間がかかることも。
ビットカジノではユーザーネーム・メールアドレス・生年月日・パスワードを入力するだけで登録ができるので、1分も掛からずに登録ができます。

ビットカジノの悪い評判

ビットカジノの悪い評判
ビットカジノに限らず、人気があるオンラインカジノは悪い評判があるのも事実です。
悪い評判と実際はどうなのか見ていきましょう。

ビットカジノはボーナスが少ない?
最近のオンラインカジノは入金不要ボーナスや初回入金ボーナスといったお得なボーナスがもらえるところが多いです。
しかし、ビットカジノは新規登録者向けのボーナスは少ないです。
入金不要ボーナスや初回入金ボーナスといったボーナスが無いのは、ボーナスを活用したい方にとっては残念だと言えます。

スティックペイ・ヴィーナスポイントに非対応
ビットカジノが対応している電子決済サービスは、現在ecoPayz(エコペイズ)のみです。
以前はスティックペイにも対応していましたが2020年に取り扱い中止となりました。
これまでスティックペイを利用していた方や、利用しようと思っていた方は残念に思うかもしれません。

ビットコインで遊べないゲームがある
ビットコインをそのままベットして楽しめることが魅力ですが、一部対応していないゲームがあります。
Quickspin / Play'n Go / Yggdrasil / NetEnt / Quickfire は、ビットコイン非対応となっておりこれらのゲームで遊ぶとユーロに換算されます。

スポーツブックが無い
ビットカジノにはスポーツブックがありません。
Sportsbet.ioという姉妹サイトがあるので、スポーツベットを楽しみたいという方はそちらを利用しましょう。

ビットカジノの注意点

ビットカジノのアカウントは、入金してから3ヶ月以上ゲームを1度もプレイしていないと毎月残高から15%のアカウント管理費用が引かれます。
さらに半年以上プレイや入金をせずに放置していると、資金がすべて没収されてアカウント凍結させられてしまいます。
しばらくプレイしない場合は面倒でも全額出金しておくか、月に1回はベットするようにしましょう。
ビットカジノの注意点

ビットカジノの信頼性

ビットカジノは入出金時に個人情報を入力する必要がなく匿名性が高いことが特徴です。
また、セキュリティレベルも高く、サイト内はSSL通信で保護されているのでクレジットカード情報などが漏えいする心配もありません。

二段階認証システムも取り入れており、過去にビットコインを盗まれたという事件も起こっていません。
ビットカジノは知名度の高いオランダのキュラソーライセンスを取得しています。
日本で一番人気があるベラジョンカジノをはじめキュラソーライセンスを取得しているオンラインカジノは多いです。

ビットカジノの良い評判・悪い評判まとめ

ビットカジノには悪い評判もありますが、セキュリティ面やサポートが整っており身分証の提出なしでスムーズに出金ができたりと良い評判もたくさんあります。
ビットコインや日本円を利用したい方に特にオススメできるオンラインカジノです。

日本ではまだカジノの実店舗に関しては論議が繰り広げられているのですが、オンラインカジノの場合だと現在の日本でも遊ぶことができます。
オンラインカジノは海外の会社が経営をしていおり日本の賭博法の範囲外となっているので、個人的に遊ぶ分には問題なくプレイできるのです。

老舗で安心感があるマイクロゲーミング社

オンラインカジノの安全性とは?

実際にオンラインゲームは日本でもどんどん流行をしているジャンルなのですが、お金を掛けるオンラインカジノに関してはまだ抵抗がある人も多いと思います。

オンラインゲームには課金要素があるものも多いのですが、オンラインカジノに関してはギャンブル要素がこれらよりも圧倒的に強いために公平性がきちんとしているかどうかが不安と思っている人もいるでしょう。

オンラインカジノの安全性や信頼性を保証するものとしてはオンラインゲーミングのライセンス、第三者機関からの審査、そしてソフトウェア会社の品質があります。

オンラインゲーミングのライセンスは政府が発行をすることもあり、オンラインカジノではこれがないと営業ができない仕組みになっています。

また、公正な営業やゲームを取り扱っているかどうかを第三者機関から審査をされることも多く、その際に重要になってくるのが導入しているソフトウェアの品質になってきます。

オンラインカジノのソフトウェア会社には色々とあるのですが、老舗の会社にはプレイテック、ネットエント、そしてマイクロゲーミング社があります。

これら3社は1990年代からオンラインカジノ向けにソフトウェアを作っていることもあり、老舗の会社として品質もよく多くのオンラインカジノでソフトウェアが導入されています。
特に、マイクロゲーミング社はこのオンラインカジノ業界の先駆者として有名であり、数多くのソフトウェアやコラボゲームを作っているのが特徴です。

マイクロゲーミング社の特徴について

マイクロゲーミング社は1994年に英国マン島で創設されたソフトウェアプロバイダーです。
オンラインカジノのゲームを作る際にはそのプレイ内容が公平であるかどうかが大切になってくるのですが、マイクロゲーミング社はイギリスやマルタ政府の発行するライセンスを取得しており信頼性が保証されています。

さらに、マイクロゲーミング社は2003年にオンラインゲームの第三者審査機関である「eCOGRA」を共同設立しており、オンラインゲーミング業界でも様々な分野で活躍をしているのです。

カジノのゲームに関する公平性を示す指数にはペイアウト率というものがあります。
これは払い戻し率という言葉であり、自分が賭けた分どれだけ戻ってくるかの期待値になります。

このペイアウト率に関しては他のギャンブルよりもオンラインカジノは高くなる傾向があります。
マイクロゲーミング社ではこのペイアウト率もきちんと情報公開をしており信頼性が高いことをアピールしています。

マイクロゲーミング社のソフトウェアは非常に安定性が高いこともあり、サーバーが安定しているという特徴もあります。
エラーや通信の問題が起こりずらいのはカジノ側の運営でもプレイする側にも安心感があるのもいい点でしょう。

その分、他のソフトウェア会社と比べると品質の良さゆえに導入費が高めとなっているという特徴もあります。

高くて品質のいいマイクロゲーミング社のソフトウェアを多く導入しているオンラインカジノは、それだけ資金繰りも潤沢という証明にもなるのでこの点からオンラインカジノを選んでみるのもいいでしょう。

マイクロゲーミング社の特徴について

多種多様で楽しいゲームがあるマイクロゲーミング社

上述のようにマイクロゲーミング社のソフトウェアの、その公平性や信頼性は抜群のものとなっています。
もちろん安全に遊べるだけではなく、マイクロゲーミング社のソフトウェアは非常に種類も豊富でありコラボレーションゲームも多くなっているので、どれを選べばいいか迷ってしまう人も多いそうです。

コラボレーションやタイアップも大手のものが多く、「ターミネーター」、「ジュラシックパーク」、「トゥームレイダー」のゲームなど原作を知っている人にはたまらないゲームが盛りだくさんです。

また、通常のゲームも含めるとマイクロゲーミング社のソフトウェアは1200種類にもなるので、自分に合ったゲームがきっと見つかることでしょう。

プログレッシブジャックポットである「Mega (メガムーラー)」はマイクロゲーミングでも非常に人気のあるビデオスロットであり、過去にジャックポットで10億超えの当たりを出した人もいました。

マイクロゲーミングでは最近流行りのライブカジノゲームも提供しているのですが、自社のサーバーの安定性もありラグが少なく高画質で遊べるのも大きな魅力でしょう。

多種多様で楽しいゲームがあるマイクロゲーミング社

老舗で安心して遊べるマイクロゲーミング

このようにマイクロゲーミング社のソフトウェアは様々なオンラインカジノで導入されており、その公平性や信頼性も高いので初心者でも安心して遊ぶことができます。

ソフトウェアの種類もコラボレーションやタイアップゲームから、一攫千金が望めるゲームまで色々なものがあります。
大手のオンラインカジノにもマイクロゲーミング社のソフトウェアは多く導入されているので、初心者から熟練者まで幅広く遊べるのも魅力でしょう。

新規ユーザーを優遇しているラッキーニッキー

新規ユーザーを優遇しているラッキーニッキー

ラッキーニッキーは新規ユーザーを優遇する傾向があります。
多くのユーザーに遊んでもらいたいと同時に、継続して遊んでもらうためには多少の出費は必要と考えているからです。

ラッキーニッキーでは初回のボーナスがかなり多くなっているほか、フリースピンも提供しています。

他にはないボーナスを提供している背景には、ラッキーニッキーがまだ知名度面では負けている点です。
他のオンラインカジノよりもどうしても知名度という部分で劣っているので、より大きなボーナスを提供して知名度アップと利用しやすい環境を整えているのです。

ラッキーニッキーのボーナスはかなり大きい

ラッキーニッキーのボーナスはかなり大きい

ラッキーニッキーは、登録しただけで無料ボーナスを提供しています。
無料ボーナスを得る条件は、特定のサイトを経由して登録する必要があります。
サイトを経由して登録すれば、簡単にボーナスを支給してくれるので安心できるでしょう。

ただ、サイトを経由してラッキーニッキーのアカウントを作っておくだけで、無料で遊べるボーナスが提供されるのです。
最初から入金したいと考えていない人は、まず無料ボーナスを有効に使って稼ぐようにしましょう。

また、入金によるボーナスが数多く用意されているラッキーニッキーは、3回までボーナスを受け取るチャンスがあります。
ボーナスは入金額の100%、もしくは指定された金額まで支給してくれます。

入金ボーナスは出金制限という問題を引き起こしているものの、入金時に得られるボーナスが非常に大きいので受け取ったほうがいいでしょう。
ラッキーニッキーでは3回までボーナスを支給してくれるサービスを用意しているので、ボーナスを受け取るのは比較的楽に感じられるはずです。

ラッキーニッキーは更にフリースピンを提供しています。ボーナスと一緒に特定のスロットマシンで使えるフリースピンが支給されます。
フリースピンは無料でスロットマシンを体験できる点につながっているほか、遊びやすくしてくれるメリットがあります。
フリースピンも受け取ったら使ってしまいましょう。

もしかしたらフリースピンで稼げる可能性があるかもしれません。
大きな配当を得られるようなら、フリースピンで得たお金を新しい軍資金に回せるのです。

ボーナスが多くなっている理由

ラッキーニッキーのボーナスが多い理由としては以下の通りです。

・知名度の部分で問題を抱えている
・他のオンラインカジノよりも優れていると見せるため
・新規ユーザーを優遇したいため

以上の理由があります。

特に知名度という部分で問題を抱えているラッキーニッキーは、より高い知名度を狙うためにボーナスを多く支給する方針を取っているのです。

ここからはラッキーニッキーのボーナスが多くなった理由について説明します。

知名度の部分における問題解消を目指している

ラッキーニッキーの知名度は高いわけではありません。
むしろオンラインカジノでは高くないかもしれません。
その理由はラッキーニッキーが登場してからあまり年数が経っていないからです。

より短い年数しか経過していないオンラインカジノは知名度が低く、利用者は信用できないと判断する場合があります。
ラッキーニッキーもまだ信頼性という部分では不足している点もありますし、ユーザーからあまりオンラインカジノとしての知名度が大きくないのでサービスを大々的に展開しづらいのです。

なるべく知名度アップを図るために、ラッキーニッキーは少しでも多くのボーナスを提供してユーザーを集めたいと考えています。
より多くのユーザーを確保するためにはボーナスしかないと考えたラッキーニッキーは、現在多くのボーナスを提供しているのです。

知名度の部分における問題解消を目指している

他のオンラインカジノを超えるためのボーナスを支給

ラッキーニッキーは、他のオンラインカジノよりも優れている点を見せたいと考えています。
より優れているポイントを示しておかないと、オンラインカジノで遊ぶユーザーが寄ってこないと考えているのです。

そこで、オンラインカジノのボーナスをさらに優遇して、フリースピンを導入する決断をしたのです。
フリースピンによって、さらにボーナスで遊びやすくなりました。

今までは、入金ボーナスしか提供してくれなかったのですが、フリースピンを提供するようになってからラッキーニッキーは遊びやすくなったのです。

新規ユーザーの優遇措置を考えている

新規ユーザーをしっかり育てて、ラッキーニッキーでお金を使ってくれるユーザーに変えなければならないと思っているため、新規ユーザーを優遇する方針を取っています。
優遇措置によって、新規ユーザーはかなり遊びやすい環境が整備されているのです。

オンラインカジノで遊んでいるユーザーが、最初からいい思いをすればオンラインカジノの信頼性も高まりますし、続けて遊びたいと考えてくれます。
ラッキーニッキーとしても、できる限り信頼されるためのサービスを構築するためにボーナスを提供しているのです。

インカジが摘発される事件

2006年に京都の河原町のカジノカフェが摘発されるという事件が起きました。
このお店では、オンラインカジノに接続することで客に賭博をさせていたということもあり、店員2名、そして客2名が逮捕されています。

その事件をきっかけとして、全国で同じようなインカジと呼ばれるカジノカフェの摘発が続いています。
インカジとは、インターネットカフェのような店内を装っているのですが、実際はパソコンでオンラインカジノに接続することが出来て、お客さんがそちらで賭博が出来るようになっているという店のことです。

雑居ビルでひっそりと営業されているインカジは、自宅でオンラインカジノに接続してプレイをするのとは営業形態が異なります。
オンラインカジノの場合、直接プレイヤーがカジノに登録をすることで遊ぶことが出来るのですが、インカジの場合、カジノサイトとプレイヤーの間に国内の仲介業者が入り、店内で現金の受け渡しを行っているのが問題です。

インカジの場合、現行犯で逮捕されることがほとんどです。
この事件のように、警察が踏み込めば経営者や店員はもちろん、プレイヤーも逮捕されてしまう可能性が高いです。

インカジが摘発される事件

2006年のインカジの摘発について

2006年のインカジの摘発の事件ではプレイヤー2名と店員2名が逮捕されることになりました。
2007年には判決が出ており、店員については、常習賭博罪という形で懲役2年、執行猶予5年、追徴金が1億円という判決が出ています。

賭博をさせていた疑いだけではなく、実際に現金のやり取りを行い、相当な利益を得ていたということもあり、刑事責任は重いということでこのような判決が下りました。

警察もインカジの摘発には力を入れているようで、全国の摘発が相次いでおり、今後もインカジやオンラインカジノの摘発を進めていくという発言をしています。
実際に海外サイトであるオンラインカジノの摘発までは明言していませんが、国内からの参加を合法とはしていないという姿勢のようです。

オンラインカジノは安全?

オンラインカジノは安全?

インカジの摘発が相次いでいる中で気になるのがオンラインカジノは果たして安全なのかという点です。
インカジとオンラインカジノは混同されてしまいがちですが、全く別の形態のものです。

オンラインカジノサイトは、海外で合法とされる国でライセンスが発行されて運営されているものです。
海外のカジノで日本人の旅行者が遊んだとしても罪に問われないのと同様に、このオンラインカジノを国内の法律だけで裁くことは出来ません。
オンラインカジノの合法国の開設者も、日本の法律で取り締まりを受けたことは一切ありません。

また、オンラインカジノの場合、賭け金の流れなども複雑であり、複数のサーバーを経由しているということもあり、違法性を立証することが困難です。
2016年に一度オンラインカジノをやっていた日本人プレイヤーが逮捕されてしまうという事件がありましたが、最終的に不起訴処分を勝ち取っています。

オンラインカジノへの国内からの参加は、合法とも言い難いですが、取り締まりを受ける可能性は極めて低いです。
オンラインカジノの運営元を罪に問えない限り、プレイヤーだけを摘発したとしても不起訴処分にするしかありませんし、そのような例を検察が再び摘発するとは考えにくいからです。

このように、オンラインカジノをやっているだけで摘発されるリスクは極めて低いのですが、あまりにも目立つ行為をすることは避けておきましょう。
チャットやブログ情報に個人情報を開示することなどは避けておくべきです。

日本人プレイヤーが逮捕されてしまった事件が起きましたが、共通項としてブログなどにプレイ画像やIDを公開していたという共通点があるからです。
自宅であってもオンラインカジノにリスクが無いわけではありませんので、くれぐれも注意をしましょう。

インカジが摘発される理由

インカジが摘発される理由

インカジが摘発される理由として、海外のサービスを経由しているものの、現金のやり取りが日本国内で行われており、賭博罪が成立するからです。
また、情報を調べている警察側が気づけばすぐに逮捕に踏み切ることが出来るという理由があります。

サービスの決済が日本で行われているということもあり、警察がすぐに判断しやすくなっています。
情報も漏れやすくなっていて、賭博が行われていることが容易に判断できます。

インカジは密かに営業されているように見えて、情報が非常に漏れやすく、突入して現行犯で逮捕しやすくなっています。
仮に経営者を逮捕した場合も、パソコンを押収すれば証拠をその場で押さえることが出来ますので、摘発に動きやすいです。

インカジの摘発が相次ぐ理由にはこういった明確な理由があります。

プレイヤーからしても、直接ギャンブルをしていなくても、店に訪れるだけで逮捕されてしまう可能性が高いです。
くれぐれも誤解を招く行動をしないように気をつけましょう。

欠かせない入出金手段エコペイズ

日本のユーザーを迎えようとしているエコペイズ

つい先日まで大多数のオンラインカジノのプレイヤーが一番利用していたのはネッテラーでした。
導入しているカジノも非常に多く、大多数のプレイヤーがその使い勝手に満足していました。

ところが、ネッテラーは2016年、オンラインカジノへ向けたサービスを突然解除し、それとほぼ同時期にエコペイズは日本へのサービス拡大を決断しました。

ネッテラーに変わるサービスへ
日本人向けに使われていたネッテラーですが、止められてしまった以上は使うことができなくなり、ほぼ使えないサービスの1つになりました。
オンラインカジノで利用できないことは、日本のユーザーはかなり面倒な手続きをして入出金をすることになるように思われますが、いち早くエコペイズが名乗りを上げました。

当時、英語でしか利用できなかったエコペイズを、日本語サービスに対応するようにして、日本人が来てくれるようにしたのです。
日本語に対応していれば、エコペイズを日本人が使うことは容易にできるようになり、ほぼ失敗することもありません。

しかも、エコペイズはある程度利用されているところが多いこと、幅広いオンラインカジノに対応しているので、自分が使っているカジノが対応しているなら、安心して利用できると判断できるのです。
エコペイズは、こうして日本人ユーザーを多く増やすことを考えて、いち早く行動していた会社の1つです。

実際に利用者はかなり増えている
こうした状態になり、日本人の利用者はかなり増えています。
日本語でできるというだけでも、普通に使えると判断されていて、安心してサービスを使えるメリットが生まれます。

手続きに失敗することがない、変なところを触って変な手続きをされることがないなど、安心できる要素を増やしているのです。

初めて利用する方でも、エコペイズなら間違いがありませんし、簡単に入出金ができるようにシステムが作られています。
更に入力する画面が少ないなど、日本人が手間を掛けずに入金ができることが大きな要素になっています。

今後もユーザーが増えてくる
ユーザーが増えることを想定していたエコペイズですが、予想以上に多くなってしまったことも踏まえて、現在は一部のサービスを停止するまでに状況が追われています。
今後も更に利用されることは多くなり、オンラインカジノユーザーは間違いなく使うことになります。
それくらい信頼されているようなサービスになっていて、日本人御用達の状態になっているのです。

日本のユーザーを迎えようとしているエコペイズ

エコペイズを利用できるオンラインカジノ

現在オンラインカジノは、エコペイズを活用しているところ、アイウォレットを活用しているところに分かれています。
エコペイズを利用しても大丈夫なオンラインカジノを使わないと、アカウントを作るメリットがありません。

しっかりと場所を確認して、オンラインカジノに合わせてアカウントを作成してください。

比較的有名所はエコペイズを採用しています

ジパングカジノ系列が採用している
まずは、ジパングカジノが有名なオンラインカジノです。
エコペイズに切り替えたことで、利用しやすくなったオンラインカジノの1つとなりました。

ちなみに、同じ系列のオンラインカジノとされる、カジノジャンボリーとラッキーベイビーカジノも同様に対応しています。
系列で1つにまとめていることにより、エコペイズを活用すればオンラインカジノを複数利用しても大丈夫なのです。
これが非常に使いやすい良さになっています。

ジパングカジノは、比較的日本語のサービスが充実しており、オンラインカジノでも遊びやすいです。
系列もほぼ同じような仕組みを採用していますが、若干ゲーム数が少ないなどの問題がありますので、基本的にジパングカジノを使っている方が多いです。

有名なオンラインカジノの採用
ウィリアムヒルカジノやベラジョンカジノも、エコペイズに対応しています。
この2つはオンラインカジノとしては、入出金サービスに幅広く対応しているので、結果的に採用している1つと判断できます。

しかし、エコペイズに対応していることは、オンラインカジノで遊びやすいことを示しているので、いいことと判断していいでしょう。
対応していないオンラインカジノよりも、対応しているオンラインカジノの方が出しやすいのは事実で、しかも入金サービスを経由して、お金の使いすぎも減らせる良さがあります。

有名なオンラインカジノは、最近使われる傾向が強くなったエコペイズの導入ができているのです。

他にもオンラインカジノは多くある
カジ旅やインペリアルカジノ、更にはジャックポットシティカジノが対応しています。
オンラインカジノの多くは、他のサービスよりもエコペイズがいいと判断しているので、結果的にエコペイズを使っているオンラインカジノが多くなっています。

日本語のサービスに対応できていること、更に日本人も使いやすくなったことが大きなポイントで、オンラインカジノとしても利益を得られやすいと判断しています。
契約しているオンラインカジノは、使いやすいと思っていいでしょう。

エコペイズを利用できるオンラインカジノ

日本人は、オンラインカジノのサービスを理解していないため、引っかかりやすいという情報も生まれています。
意外と不用心に何でも入ってしまう人が多くなり、オンラインカジノが本物ではないのに利用したことで、間違って使ってしまったという方も多くなっています。

しかし、オンラインカジノを利用する場合は、本当に安心できるところを利用しなければなりません。
偽物に引っかからないためのいい方法を紹介します。

オンラインカジノの偽物に引っかかる人が多い

本物に見せかけていることが多いので注意する

オンラインカジノを利用する場合は、本物であることを証明するライセンスが置かれています。
サイトの何処かに表示されているはずなので、確認してから遊んでください。

ライセンスの情報は日本語で書かれていない場合があるので、一見すると確認を行うのは難しいように思われますが、確認しておかないと色々と大変です。
間違っているライセンスだったのに、自分が利用してしまってお金が返ってこないなんて状況は作りたくありませんから、ライセンスの確認を行ってください。

ライセンスについては、もらっている国の情報が書かれています。

情報を確認していると、本物かどうかはすぐに分かってくるのですが、初心者の方は見ても何のことかわかりづらいかもしれません。

とにかく、ライセンスの情報を見て、違和感を感じるような所があればオンラインカジノを利用しないでください。
グラフィックなどがおかしいと思われる部分、変更しているような雰囲気が書かれているなど、意外とライセンスを複製している場合は違いがあります。

ライセンスが違うように感じているなら、遊ばないようにしておくといいでしょう。

また、オンラインカジノの中には、その施設の有名な名前をつけている場合があります。
オンラインカジノの名称は、他の施設の名前を勝手に利用していることはありません。

自分たちでオリジナルの名前をつけることが義務付けられており、施設の名前をそのまま利用するなんてことはありません。
特に認められていないところは、マカオなどのカジノの名称をそのまま利用していることがありますので、もしおかしいと思っているなら利用しないほうがいいです。

使ってしまうと、逆にオンラインカジノにお金を取られてしまうだけで、遊んでいても楽しくありません。

本物に見せかけていることが多いので注意する

関連するサービスとの契約がない

次に確認できるところは、オンラインカジノで使えるサービスと契約をしていないところです。
本来は契約をしっかりと作っており、関連するサービスとはしっかり契約が行われています。

しかし、契約をされていないために、オンラインカジノへの入出金がクレジットカード限定となっている場合があります。

クレジットカードだけなら、オンラインカジノの信頼性に影響してくるとみられるので、違法に作っている場合、もしくはオンラインカジノを装っているサイトであると判断できます。

今のオンラインカジノは、入出金サービスとは必ず契約しています。
契約していないなら問題ですし、使えないと判断できれば利用する人は極端に減ってしまいます。

信頼される要素として、エコペイズやアイウォレットの契約をしていることが多いのですが、偽物のオンラインカジノは契約していません。
クレジットカードで入金できるサービスがあれば大丈夫と判断しており、入金しやすいサービスだけを準備しています。

本当に安心できるオンラインカジノを利用するなら、契約されているサービスを確認するのは大事になっています。

もう1つ契約していないサービスとして、ソフトウェアの数が極端に少なかったり、ゲーム自体が多く作られていない場合もあります。
これも、オンラインカジノが契約しているサービスを減らしていて、信頼に影響をもたらしています。

多くの信頼を持っているオンラインカジノは、ソフトウェアの契約が多くなっていて、ゲームの数も異常なまでに多くなっています。
多くのユーザーが遊びやすいように作られているオンラインカジノのほうが信頼できるので、明らかにゲームが少ないと感じられるなら少し考えてください。

参考:オンラインカジノが合法とされている根拠

関連するサービスとの契約がない

偽物のオンラインカジノサイトは年々増えている

特に、中国などを中心として、偽物のオンラインカジノを作っている傾向があり、詐欺行為に利用しようとしています。
大手とされているオンラインカジノでは、詐欺行為は一切行っていませんし、ゲーム中にトラブルが発生するなどして、オンラインカジノで遊べなくなる状況も作られません。
安心して遊べるように作られているのが、オンラインカジノなのです。

偽物とされているオンラインカジノが増加しているのは、狙われている傾向も強くなっているからです。
遊んでいるユーザーは意外と簡単に騙せるなどの情報も出てきているため、利用しているユーザーが自分で守らないことには、騙される可能性もあります。

オンラインカジノを遊ぶ場合は、チェック項目をしっかり考えて使ってください。

偽物のオンラインカジノサイトは年々増えている