コンテンツへスキップ

オンラインカジノのソフトウェアとは

オンラインカジノのソフトウェアとは、システムの根幹であり大変重要です。
オンラインカジノのソフトウェアは、プログラム運営会社が制作をしているのではなく、ソフトウェア開発会社という外部に外注し開発されています。
中でも人気となっているのが「ネットエント」という新鋭の開発会社です。

ソフトウェアについては、良いソフトウェアもあれば、不正やイカサマがまかり通っているようなそんなソフトウェアもあります。
オンラインカジノを選ぶ上で、有名なソフトウェアを選ばなければいけません。

そこで、ネットエントについて詳しく見ていきましょう。

ノーダウンロードタイプのソフトウェア

ネットエントは、JAVAFLASHを使用したノーダウンロードタイプのソフトウェアとなっています。
一般的にノーダウンロードタイプのソフトウェアについては、ゲーム性が弱いと言われています。
しかし、ネットエントはそういったことはなく、とても面白いゲームでプレイヤーからも評価されています。

ブラウザ上で遊ぶことができますので、ダウンロードの手間がかからず、パソコンの容量を気にする必要がないというのが大きなメリットです。
また、MACの方も問題なく遊べますし、勿論スマホでも遊ぶことができます。

従来までは、ダウンロードタイプでないとゲーム性が劣っていたのですが、ネットエントなら、問題なくブラウザ上で面白いゲームを体験できるのです。
高速インターネット回線さえあれば、いつでもゲームが楽しめます。
そして、システム面でも非常に優れており、キャッシャーもゲームもシンプルで視覚的にとてもわかり易く作られています。

以前までは、オンラインカジノはダウンロードタイプが主流だったのですが、今ではノーダウンロードタイプの、ネットエントのようなオンラインカジノが主流となってきています。

ネットエントの運営会社は?

ネットエントの運営会社は、非常に知名度の高い企業です。
ストックホルム証券に上場をしているという社会的に信頼の高い企業であり、一流企業として知られています。
1996年に創立され、「ネットエンターテイメント」として設立された、比較的老舗のソフトウェア会社となっています。

元々は大手のチェリーグループとところから誕生し、カジノゲームを提供し続けています。
元が大手の企業ということもあり、安全性や信頼性は確立されています。
マルタ島やジブラルタルにオフィスを構えているなど、国際的に大成長を遂げているというのも安心できるポイントです。

信頼性の高いソフトウェア

ネットエントのソフトウェアは非常に信頼性が高く、第三者機関による監査を受けており、認定されています。
イーコグラといった有名な監査機関からの認定を受けており、認定マークをもらっています。
これは、プレイヤーを保護することを第一と考えている独立した審査機関であり、僅かな不正も認められないほどの厳しい監査となっています。

また、ネットエントは、プレイヤーからの信頼を何よりも重視しており、開発ゲーム作品にはTST(テクニカルシステムテスト)とSKL(ナショナルラボラトリーサイエンス)といった、2つの第三者機関からも認定を受けているのが特徴です。
ランダムナンバージェネレーター(乱数発生プログラム)で検査を受け、不正なプログラムがないかなども認定を受けています。
大抵のオンラインカジノは、どちらかの認定のみにも関わらず、ネットエントの場合にはどちらもの機関からも認定を受けているので、これはかなり凄いことです。

また、ネットエントのブラックジャックは、オンラインカジノ業界でも最も波が穏やかとも噂されています。
このことが関係するかどうかは謎なのですが、それだけ安心して遊べることがわかります。
波が荒いカジノもありますので、そういったカジノは不安という方ならネットエントをおすすめします。

シンプルで使いやすいネットエント

ネットエントのオンラインカジノは、とてもシンプルで視覚的に使いやすい、分かりやすいというのが大きな特徴となっています。
日本語が使えなかったとしても問題なく遊ぶことができるといえるでしょう。
システムが非常に優れているので、その点では大変メリットです。

リールが高速で回転するようなクイックスピンだったり、オートプレイ機能も搭載されています。
あたりが出たらそこでストップするなどの詳細設定も可能となっています。

また、ネットエントのゲームは、サプライズ的な要素も大きく面白いゲームが揃っています。
「スターバースト」などは大変人気のゲームの一つです。
また、プログレッシブジャックポットシステムもありますので、高額な賞金を狙うことも可能です。
実際に世界中のプレイヤーがこのジャックポットシステムで、大金を得ています。