コンテンツへスキップ

インカジが摘発される事件

2006年に京都の河原町のカジノカフェが摘発されるという事件が起きました。
このお店では、オンラインカジノに接続することで客に賭博をさせていたということもあり、店員2名、そして客2名が逮捕されています。
その事件をきっかけとして、全国で同じようなインカジと呼ばれるカジノカフェの摘発が続いています。

インカジとは、インターネットカフェのような店内を装っているのですが、実際はパソコンでオンラインカジノに接続することが出来て、お客さんがそちらで賭博が出来るようになっているという店のことです。
雑居ビルでひっそりと営業されているインカジは、自宅でオンラインカジノに接続してプレイをするのとは営業形態が異なります。
オンラインカジノの場合、直接プレイヤーがカジノに登録をすることで遊ぶことが出来るのですが、インカジの場合、カジノサイトとプレイヤーの間に国内の仲介業者が入り、店内で現金の受け渡しを行っているのが問題です。
インカジの場合、現行犯で逮捕されることがほとんどです。

インカジが摘発される事件

この事件のように、警察が踏み込めば経営者や店員はもちろん、プレイヤーも逮捕されてしまう可能性が高いです。

2006年のインカジの摘発について

2006年のインカジの摘発の事件ではプレイヤー2名と店員2名が逮捕されることになりました。
2007年には判決が出ており、店員については、常習賭博罪という形で懲役2年、執行猶予5年、追徴金が1億円という判決が出ています。
賭博をさせていた疑いだけではなく、実際に現金のやり取りを行い、相当な利益を得ていたということもあり、刑事責任は重いということでこのような判決が下りました。

警察もインカジの摘発には力を入れているようで、全国の摘発が相次いでおり、今後もインカジやオンラインカジノの摘発を進めていくという発言をしています。
実際に海外サイトであるオンラインカジノの摘発までは明言していませんが、国内からの参加を合法とはしていないという姿勢のようです。

オンラインカジノは安全?

インカジの摘発が相次いでいる中で気になるのがオンラインカジノは果たして安全なのかという点です。
インカジとオンラインカジノは混同されてしまいがちですが、全く別の形態のものです。

オンラインカジノは安全?

オンラインカジノサイトは、海外で合法とされる国でライセンスが発行されて運営されているものです。
海外のカジノで日本人の旅行者が遊んだとしても罪に問われないのと同様に、このオンラインカジノを国内の法律だけで裁くことは出来ません。
オンラインカジノの合法国の開設者も、日本の法律で取り締まりを受けたことは一切ありません。

また、オンラインカジノの場合、賭け金の流れなども複雑であり、複数のサーバーを経由しているということもあり、違法性を立証することが困難です。
2016年に一度オンラインカジノをやっていた日本人プレイヤーが逮捕されてしまうという事件がありましたが、最終的に不起訴処分を勝ち取っています。
オンラインカジノへの国内からの参加は、合法とも言い難いですが、取り締まりを受ける可能性は極めて低いです。
オンラインカジノの運営元を罪に問えない限り、プレイヤーだけを摘発したとしても不起訴処分にするしかありませんし、そのような例を検察が再び摘発するとは考えにくいからです。

このように、オンラインカジノをやっているだけで摘発されるリスクは極めて低いのですが、あまりにも目立つ行為をすることは避けておきましょう。
チャットやブログ情報に個人情報を開示することなどは避けておくべきです。
日本人プレイヤーが逮捕されてしまった事件が起きましたが、共通項としてブログなどにプレイ画像やIDを公開していたという共通点があるからです。
自宅であってもオンラインカジノにリスクが無いわけではありませんので、くれぐれも注意をしましょう。

インカジが摘発される理由

インカジが摘発される理由として、海外のサービスを経由しているものの、現金のやり取りが日本国内で行われており、賭博罪が成立するからです。
また、情報を調べている警察側が気づけばすぐに逮捕に踏み切ることが出来るという理由があります。
サービスの決済が日本で行われているということもあり、警察がすぐに判断しやすくなっています。
情報も漏れやすくなっていて、賭博が行われていることが容易に判断できます。

インカジは密かに営業されているように見えて、情報が非常に漏れやすく、突入して現行犯で逮捕しやすくなっています。
仮に経営者を逮捕した場合も、パソコンを押収すれば証拠をその場で押さえることが出来ますので、摘発に動きやすいです。
インカジの摘発が相次ぐ理由にはこういった明確な理由があります。

インカジが摘発される理由

プレイヤーからしても、直接ギャンブルをしていなくても、店に訪れるだけで逮捕されてしまう可能性が高いです。
くれぐれも誤解を招く行動をしないように気をつけましょう。