投資とオンラインカジノの違い

投資というのもギャンブルに該当していると話す人もいます。実際に該当しているような感じになり、大変動をしているときに一気に勝負を狙い、一攫千金を手に入れている人もいます。その中には数千万という金額が一気に動くことになり、場合によっては投資によって破産するようなこともあります。オンラインカジノとは近いように思われて、実は全く違う方法です。

損失

失う金額が1回で大きすぎる

オンラインカジノをプレイしているユーザーなら、その使う金額がそこまで多くないことにはすぐに気づくと思います。そんなに使わなくても遊ぶことができて、しかもゲームの勝敗自体は結構勝つことが出来るケースもあるので、結構残すことが出来ることもあります。しかし投資を行っているというのは、失う金額が相当大きなものになります。
特に不動産投資などが該当しているのですが、購入した後でその不動産の価値が一気に落ちてしまうことになると、1回で失う金額が数百万単位になります。オンラインカジノではそう簡単に失うことはないので、普通に考えれば安心して遊ぶことが出来る方法と考えられます。

参考:オンラインカジノで稼ぐ方法

商品として残ることはいいものの

投資のメリットは、その商品が残っているので、待っていればもしかしたら価値が上昇するかもしれないと考えることができます。しかしその確率は相当低くなっているもので、年々地価が下がっていることを考えると都市部でしか対応することが難しいです。オンラインカジノは年によって変化するのはレートくらいであり、商品としては残らないものの当たる確率が低くても損失は同じとなります。
上昇しないと駄目なので、不動産を持っているだけでは殆ど意味がない状態となり、ここなら上昇するだろうと思っているところ、投資をしたところを使ってもらわないと全く駄目です。回収できる可能性が低いのは同じかもしれませんが、1回で回収できるオンラインカジノと数回必要な投資では違いがあります。

24時間プレイ

オンラインカジノは何時でも勝負ができる

提供されているカジノは、24時間営業を行っているところが多くなっていますし、何時でも勝負していいように作られているので特に考える必要がなく、時間などを無視して空いているときに行えばいいのです。
しかし投資の場合はそうではなく、基本的に業者を仲介しないと行えないものとなっています。お願いすることもありますし、必要な手続きをしないと購入できないケースが多いので、結果的に時間は制限されます。